Go outでかける

テーマのある「旅」で、
瀬戸内の魅力を再確認する。

NIPPONIA HOTEL 竹原の旅コンシェルジュは、竹原をはじめとした瀬戸内地域に精通した旅のプロフェッショナル。瀬戸内がはじめての方からリピーターの方まで、お客さまの好奇心を満たし、刺激する、さまざまなプランをご提案します

モデルコース

塩の旅

雨が少なく気候が温暖な瀬戸内は、塩づくりに最適な土地。竹原では現在、製塩業は営まれておりませんが、「伯方の塩」で有名な伯方島では現在も塩づくりが行われております。また、竹原では塩づくりのワークショップが開催されています。

酒の旅

広島は、兵庫の灘や京都の伏見と並ぶ日本三大酒どころ。それまで硬水で仕込むのが一般的だった日本酒が、醸造技術の進歩で広島に多い軟水を使って仕込めるようになったことが発展のきっかけでした。軟水で仕込んだ日本酒は、柔らかくなめらか。竹原はもちろん、酒蔵の多い西条や三津にも足を伸ばしてみてはいかがでしょう?

海の旅

内海である瀬戸内海は、穏やかな波、数多くの島々からなる風光明媚な地域。豊かな海は、海の幸はもちろん、沿岸部での実りも生み出しています。2019年には、ニューヨークタイムス誌の「2019年に行くべき52カ所」のうち、「瀬戸内の島々」が7位に選出され、海外での注目も高まっています。

島の旅

瀬戸内海には、うさぎの島として有名な大久野島、古い町並みが残る大崎下島など、魅力溢れるたくさんの島があります。
港のある竹原は、そんな島々への玄関口。1つの島をじっくり楽しむもよし、アイランドホッピングでさまざまな島を巡り、その違いを楽しむもよし。それぞれの島が持つ、豊かな自然と文化をお楽しみください。

PAGE TOP