櫂伝馬(かいでんま)乗船体験

小早川水軍で活躍した、竹原の伝統神事「櫂伝馬」への乗船体験

開催期間
7月16日(日)、23日(日)、 8月6日(日)
開催時間
15:00/16:00
体験の詳細
櫂伝馬への乗船
希望者は漕ぐ体験も可能

*櫂伝馬とは
戦国時代の厳島合戦では小早川隆景率いる小早川水軍の早船として使用されていた歴史を持つ由緒ある伝統文化、「櫂伝馬」。
瀬戸内海に臨む竹原市は、古来より暮らしと海とが深く結びつき、独自の産業や文化を形成してきました。
特に中世において竹原近海は海上交通の要衝地であり、戦の舞台にもなるなど、経済的にも重要な拠点として発展してきました。
その当時、瀬戸内海の水先案内人であった水軍が使う早船の原型となったのが「櫂伝馬(かいでんま)」といわれています。

櫂伝馬とは海での情報伝令の役目を担った木造船で、14人の漕ぎ手が独特の掛け声と太鼓で調子を合わせ、心を一つにして櫂の動きを合わせることで前進する仕組みです。
その後、当初の役割から神事としての意味合いを持つようになり、今では祭礼行事に伴う競漕へと趣が変化しています。

竹原では昭和50年代以降、櫂伝馬の文化が途絶えていましたが、後に竹原櫂伝馬保存会によって復活を遂げました。
以来、櫂伝馬競漕にも復帰するなど、竹原の文化を継承するための取り組みが続いています。

ぜひ漕ぎ手の難しさを実感いただくと共に、一隻造るには半年かかるともされる櫂伝馬造りの職人技にも間近で触れ、早さと美しさを両立する伝承デザインにもご注目ください。
料金
大人(中学生以上):3,000円
子供(小学生):1,500円
料金に含まれるもの
乗船体験料、保険料
対象
小学生以上
定員
最大12名
持ち物
タオル、飲料など
注意事項
・濡れても良い服装、 スニーカーでお越しください。
 乗船時にはライフセーバージャケットを着用していただきます。
・保険に加入したうえでの参加となります(体験料金に含む)。
・乗船前の飲酒はお控えください。
・悪天候の場合、中止となります。ご了承くださいませ。
キャンセル規定
前日50%、当日100%
開催場所
たけはら海の駅
〒725-0024 広島県竹原市港町4丁目2-24
所要時間
30分
PAGE TOP